「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 明日から稽古! | main | 再会はここにも。 >>
稽古が続いています!
line_1543117971625.jpg
先週の月曜から稽古が始まった、3月名古屋御園座公演の稽古。

昨日から五木ひろし座長も参加し、順調に進んでいます。

今回は、以前ご一緒した方が多く、懐かしい過去の現場の話などもしています。

演出の金子良次先生は、12〜13年前に三越劇場と名古屋名鉄ホールでの竜小太郎座長公演で一度演出を受けて、いつかまた演出を受けたいと思っていた方でした。

共演者では、6年前の新歌舞伎座と5年前の博多座での五木ひろし座長公演でご一緒した方も沢山いて、お久しぶりです、とご挨拶を回ると懐かしく思います。


そしてなんといっても、殺陣師の菅原俊夫先生!
「魔界転生」「柳生一族の陰謀」「影の軍団」「水戸黄門」「大岡越前」「江戸を斬る」などなどとにかく歴代の大作品の多くを手掛けている殺陣師で、日本アカデミー協会特別賞を受賞している方です。

10年前、勝野洋座長公演で新撰組の作品をやった時に初めてお会いしました。
私は斉藤一の役だったので、池田屋のシーンで殺陣をつけて頂きました。
その時から「殺陣は形じゃなく、心。とにかく一番大事なのは芝居です。」と仰有っていました。
私はアクションや殺陣に対してずっと考えていたのがまさにこれでした。
「この方は大好きだ。またいつかご一緒出来たら・・・」と思っていたこの10年間でした。

私は20歳でアクション事務所に入り芸能活動が始まり、3年半所属していました。
そこを辞める事を決意したのは、私が舞台に出演した時に「芝居なんてやらなくて
良い。アクションだけやっていればいいんだ。」と言われた事でした。

芝居を学ばずして、アクションなんか出来ない。
また、アクションだけやっていても俳優として見られない。
絡みにしか見てもらえないと考えていた私は、アクション業界から離れました。

その思いを持ち続けていて、アクションクラブを辞めて10年後、菅原さんの言葉を聞けた訳です。
嬉しかった・・・。

そしてまたそこから10年。
今回の舞台で再会出来ました。

数日前、菅原さんから「藤田ちゃんは一座を率いてるんだよね?殺陣を教える時は、形じゃなく心の在り方を教えるんだよ。今は形を求める殺陣が沢山ある。けどね、本質は心。芝居なんです。何故抜刀するのか、斬られてどういう痛みなのか、斬った後にどう感じるのか、そここそが一番大事。そこを伝えていく座長であってね。」

と仰有って頂きました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

形ではなく、心を。
外面ではなく、本質を。

これからも精進を重ねようと改めて思いました。



演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
峠のお地蔵様 (2019/02/27 8:49 AM)
菅原さんの言葉、良いですね。
観る側からすると、派手な単に流れるような切った切られたを観ても感動するものは少ないです。心が伝わってこないと。
これからも期待しています。
藤田信宏 (2019/02/28 1:38 AM)
峠のお地蔵様さん

またこうして菅原さんと一緒のお仕事が出来ることは嬉しいです(^^)
この経験を生かして一歩一歩成長したいと思います!









url: http://fujita-nobu.jugem.jp/trackback/1884