「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< はざまの世代 | main | 明日は顔合わせ >>
積木くずし
穂積隆信さんが亡くなりました。

「積木くずし」のイメージは、怖いの一言。
再放送だったかと思うのですが、たった1回だけテレビで見ましたが、あまりの怖さでその1回だけで見るのを止めた記憶があります。

穂積さんは一度共演した事があります。
三越劇場でした。

インディゴを旗揚げするもっと前なので、10年以上前になります。

聴覚に障害を持っている方々と、それに伴って言葉を発する事が出来ない方々が20人くらい出演され、健常者の俳優が10人くらい出演しての、人間ドラマでした。
近年、ダウン症の方々と舞台を創ったり、INDIGO PLANTS に出演して頂いたり、と障害を持つ方々と関わる事はコンスタントにあるのですが、関われば関わる程、「何も変わらない」という思いを再認識します。


その舞台で私は一番年下でしたが、作品のストーリーテーラー的な、責任のある役を担わせて頂きました。

穂積さんは特別出演でした。

「積木くずし」の事を伺いたい気持ちがあったのですが、【怖い】という心に刻まれた感情が邪魔をして、ほとんど話かける事が出来ませんでした。

せっかくの貴重な機会を逃してしまったのは今でも後悔が残ります。

しかし…
なぜだろう…

「この方は勉強になる!」「凄い!!」と思ったら、立場も関係なく、まるで取材をする様に「学ばせて下さい!」と頭を下げにいく私なのですが、なぜか穂積さんには出来ず…。

それだけ「積木くずし」への恐怖心は大きかったんだろうと思います。

そこまで心に刻む作品を創り出した事、本当に尊敬します。

御冥福を心からお祈り致します。
| 藤田信宏 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
川口 (2018/10/26 12:45 PM)
私もその世代なのですが、そこまでの恐怖は覚えなかったのです。
ただ、穂積さんのその後の人生が辛いものが多かったので、穂積さん自身が近寄りがたい雰囲気を醸し出していたのかもしれません。
私は穂積さんの演技もそうですが、声が好きで洋画の吹き替えとかで楽しませてもらいました。
穂積さんの演技は素人にもわかりやすいメリハリの効いた演技だったと思います。
昔の俳優さんはとにかく声が素敵な方が多いですね。

今だとあんな声のいい人たちばかりで暮らしてないだろうというくらい。発声なんでしょうね。

私には学園ドラマで穂積さんといえば柳生さん(柳生博さん)がコンビの印象が強く、柳生さんがご健在でいるのがまだ安心ですね。

穂積さんのエピソードを読ませていただき、ありがとうございました。









url: http://fujita-nobu.jugem.jp/trackback/1815