「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 免許制度 | main | 茶会2 >>
茶会
1528425484856.jpg
この茶会のシーンは、石田三成と大谷吉継二人の関係を表す、一番有名な逸話なので重要なところでした。

史実では、茶の中に吉継の鼻水が入ったとか、汗が入ったとか、顔の爛れた皮膚が入ったなど色々な事が言われています。

それは些末な事。

例え何が入ったとしても石田三成は同じ行動を取ったであろう、という事が重要な事です。

大谷吉継は酷い差別を受けていたそうです。
能力は同じ時代の戦国武将の中でも一際高く、人柄も認められていながら、その病気の為に大きな出世が叶わなかった。

いつの世も、差別は無くなることはありません。
でも、例え少なくとも偏見無しで側にいてくれる人も必ずいます。

写真の二人は、大谷領の領民、春助と木蔵の役と共に、二役で、羽佐間、笠木という役を演じてくれました。
羽佐間と笠木は、吉継を差別をする側の人間でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |









url: http://fujita-nobu.jugem.jp/trackback/1776