「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< イチロー | main | コンペ久保泰杯 >>
衰える事
イチロー選手生涯契約。
流石。
普通の在り方ではなかった。

人としての存在を必要とされるという、なんともイチロー選手らしい契約。

今期のイチロー選手は打率が2割ほど。
あのイチロー選手が…。

衰えとは恐ろしい。
20代30代の時と変わらない感覚を維持しながら、肉体を操作していても、気付かないうちに変化している。

変化してしまった事に何かを感じるのではなく、どう変化していくのかを見定めようとする部分に他の人との違いを感じます。

野球の研究者でありたいという言葉がピッタリです。

私も野球をやってました。
少年野球。
リトルリーグ。
リトルリーグ選抜チーム。
中学部活。
中学スポーツ少年団。
高校部活。

なんだかんだで小学1年から高校3年まで。

野球をやってる時、自分の性格や考え方を客観的にとらえる機会が多かった。

小学6年の少年野球。
私には親友が2人いて、共に野球をやっていたので、私を含めて3羽カラスとよく言われていました。
非常に野球熱心な監督の元3人で中心選手として練習を重ねていましたが、ある日監督の元に3人が集められ、こんな質問を受けました。

「同学年で一番野球が上手いのは誰だ?」

1人は「俺です」と答え、1人は「俺たちです」と答えました。

「お前はどうだ?」と私は聞かれました。
「○○君、○○君が上手いです」
「なぜ自分だと言わない?」
「自分はそんなに上手くないです」

そう答えたのを覚えています。

私は野球を続けましたが、小さい時から、自分が上手いと思えた事が一度もありませんでした。

同じく6年生のリトルリーグ。
私はキャプテンでしたので、自分なりに精一杯頑張っていたと思います。
その時、気仙沼選抜チームに選ばれました。
そこで、試合中に柵越えのホームランを打つ人を見て、衝撃を受けました。
「俺には一生かけてもボールをあんなに飛ばせない」
そう思いました。
でもそれは悲しみではなく、開放でした。
「俺には無理なのか…?」と涙をこぼすのではなく、「俺には無理だ」と気持ちよいくらいに現実を知ることが出来ました。

その時の感覚と、頭に浮かんだ考えは明確に覚えています。

「俺は野球を仕事には出来ないな。早い段階で見切りをつけて他の事に取り組まないといけない。」

自分が今やっている事は全て将来に繋がるという考え方を持っていた私は、将来も続けていられる事なのかどうか、将来に役に立つかどうかで色々な事を判断していました。

自分の人生に野球は役に立たないと判断しました。
なんだかんだで高校まで続けましたが、趣味の範疇を越えてまではやりませんでした。

反対に、そろばんと太極拳は違いました。
太極拳は初めて師匠の練習姿を見たときに、「俺は多分これを80歳になってもやっているだろう」と確信しました。
7歳の時でした。

そろばんはやればやるだけ結果がついてきました。
そろばん百傑全国大会で4位になった時に、
「俺はそろばんが上手いんだなぁ、きっと」
驕りではなく、客観的にそう思ってました。
将来はきっとそろばんの先生をやりながら太極拳やってるんだろうな。
そんな想いでした。

自分に合うもの、合わないもの、判断するのは本当に難しい事です。
でも何年先のビジョンを持ち、それに繋がるかどうかを判断の材料の一つにするのはありじゃないかと思います。

私は車のナンバーを見ると、足し算、引き算、かけ算、わり算をしてしまいます。
癖で。
暗算の能力を上げる為に、そろばんのお稽古以外の時間で何が出来るか兄に聞いた時に教えてもらった事です。
お陰で計算能力はほとんど衰えていません。

今も太極拳を続けています。
1年を重ねる度に、新しい発見があります。
今の演武は確実に去年よりも上だと思えます。

ただ一つ…

これが本当にそうなのかどうか?
そう思ってるのは自分だけで、回りから見れば衰えたと見られているのか?

そんな事をイチロー選手を見て思いました。

しかし…

自分の人生。
誰も責任を取ってくれないならば。

己が納得する在り方を追求するのも一つの人生。
そう思います。
| 藤田信宏 | - | comments(2) | trackbacks(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
及川正浩 (2018/05/15 12:52 PM)
リトルリーグの選抜のお話、懐かしく拝見させていただきました。
当時、体も私より一回り、二回りも大きいチームメイトとレギュラー争いをすることは、非常に厳しい試練でしたが、のんぶ君と同じように、どこかのタイミングで達観した記憶が(笑)
藤田信宏 (2018/06/03 5:51 PM)
及川正浩さん

お久し振りです!
メッセージ嬉しいです(^^)

リトルリーグ選抜チームでの回りの方々のレベルの高さには気持ち良いくらいの差を感じました。
うち一人はドラフト1位でプロ野球選手になりましたものね。
でも私が驚愕した選手はプロに行った方ではなく、選抜チームのキャプテンでした!









url: http://fujita-nobu.jugem.jp/trackback/1760