「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
祝って頂きました(^^)
1518016179237.jpg
先日の太極拳教室の後にエン太極拳学舎新年会が開かれたのですが、そこで誕生日を皆さんに祝って頂きました(>_<)

1月生まれは私を含め3人。
全く予想もしてなかったので、ほんとに驚きました。

何て有り難く幸せな時間だったか(T_T)

本当に本当に有り難い事でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
カーテンコール
1516949973741.jpg
「黒の仁風」が終わって10日が経ち、心と体がほぼ戻ってきました。
だいぶかかりましたが、お陰で、これまでのインディゴ公演後の様に1ヶ月くらいしてからガクンと倒れる様な事はないかなぁと思います。

22日(月)には誕生日も迎えて、晴れて新しい年を迎える事も出来ました。
INDIGO PLANTS を旗揚げしてから丸9年が経ちましたが、ここまで続けて来られたのも、参加してくれた出演者とスタッフ皆様、そして応援して下さるお客様のお陰です。

何がどうなって、どこがどうなったら成功なのか?
いつも悩みます。

成功する事って一体何なのだろうかといつも考えます。

きっと目の前の公演だけの成功がほんとに成功な訳ではないのだろう、と旗揚げの時から考えながら続けてきました。

目の前の公演に全身全霊を傾ける事は当然ですが、その先のビジョンまで含めた上での全身全霊という在り方をいつも心に刻みながらインディゴを続けています。

現在、何を重要視して、優先順位をどうするのか、その選択の根源。

そこにあるのは、目の前の事ではなく、「その先の未来」。

そのビジョンを持つことが大切なのだと思います。


しかし、そう思ってはいても、じゃあ一体その未来は何年後の事なのか?
とか、
未来を考える前に今こなさなければならない事に追われてしまうのをどうするのか?
とか、色々な事を悩み続けています。

そして、全身全霊の何パーセントを現在と未来に振り分ければ正しいバランスに至るのか?

そんな事を考えながら丸9年が経ちました。

今になってもやはり分かりえないです。

やっぱり未来は分からない。
人生は選択の連続。
その時その時で、必ず選ばなければならない。
選んだ先に何があるのか分からないのはしょうがない。
未来を構築する為に選んだ現在の選択肢。
しかし、それを選んだ事で、考えていた未来像が無くなる事もありますし、変化し、対応を迫られる事もあります。

さて…

何が正しいのか?

さて…

正しいというのは、どこまで正解なのか?

正しい事ははたして成功なのか?

分からない事だらけですが、まずは精一杯頑張る事。
頑張るという事しか出来ないんだなぁ、と結果、ここに帰結してしまいます。

頭が堅いからそうなのか、性格がそうだからなのか。

はたまた両方なのか。

う〜ん…

環境、仕事、お金、人間関係、人生、等々。

人によって優先順位は違い、それが人それぞれの価値観の相違を産み出します。

他の価値観の人を否定する事は争いを産み出します。

価値観は違っていて当たり前。

それと同じ様に、己の中の価値観もその時その時の置かれている状況によって変化する事もあります。

これまで状況によって変化する事を良しとしなかった自分がいました。
でも今は「それでも良いじゃないか」と思える自分もいます。

価値観の変化を否定していた自分。
でもそれは己の中での争いを産み出しました。
自己否定。
自己欺瞞。
罪悪感。
それは精神を痛め付ける元になっていました。

争いはお互いが傷付きます。

自分の中での精神が分裂して、自分が自分を傷付けます。
そんな争いは起こさない様に、色々な価値観を内包し、総括していく度量が必要だと感じます。

2009年の旗揚げから9年。
根本の理念、己の核は変わっていませんが、心の表層部分はだいぶ変わってきたんだろうなと思います。


しかしながら…、

こうして自分が考えたり思った事を作品にして創る事が出来るという今、何て運の良い人間なんだろうかと思います。
自分に関わって下さる方々が素晴らしく、その恩恵で生きている自分は…何てちっぽけなんだろうと思います。


こんな自分で良いのか?
恩を返しきれない自分はどうしたら良いんだ?
自分が賜ってる幸運をもっと世の中に分ける為にも自分はいない方が良いんじゃないか?


インディゴを作ってからそんな考えが頭から離れませんでしたが、今やっと、その自意識過剰な被害妄想から抜け出て来られたかなと感じてます。

生きる上で与えて頂いてる恩は何をどうやったところで返しきれるものではないです。

「忘れない事」なんだと思います、その恩を。

「忘れてはいけない」んだと思います、感謝の気持ちを。

関わって下さる全ての方々に深く感謝致します。

本当に、本当にありがとうございます。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「黒の仁風」終幕
1516102934103.jpg
タイトルを決めてから3年。
考えて考えて考え抜いてきた3年間。
お客様からの感想を聞いて、改めて終わったんだなぁと感じます。
肉体も精神も疲れきって、昨日今日と、体が動かず寝たきりになってました(笑)

心の癒しには「日本昔ばなし」。
こたつで横になりながら「日本昔ばなし」を見る。

殺伐としたところが一切ない、絵と声。
凄い癒しになります。

明日は体が動くかな〜(>_<)

改めまして、ご来場頂きました皆様に心から感謝致します。
本当にありがとうございました!m(__)m
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
いよいよ千秋楽
KIMG1535.JPG
「黒の仁風」千秋楽を、迎えます。
新しいキャストを中心に稽古を重ねてきましたが、これまでのINDIGO PLANTSの理念を変えることなく、新しい方々が皆、INDIGO PLANTSの世界観に信頼を持って頂き、魂の深いところで作品創りが出来た1ヶ月でした。
ご来場頂いた皆様に深く御礼申し上げると共に、出演者、スタッフ、劇団員の皆様に感謝感謝の毎日でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「黒の仁風」明日が初日!
1511911211046.jpg
明けましておめでとうございます。
2018年もどうぞ宜しくお願いします!
寒さがだいぶ厳しくなってきていますが、風邪などは引いていませんか?

演激集団INDIGO PLANTSの公演がいよいよ明日からとなりました!

土曜日の昼、夜。
日曜日の昼。

は完売になりましたが、平日はまだお席がございますm(__)m

演出として、主演として、これまで培ってきた事全てを注ぎ込みました。
そして、観て損はさせない渾身の作品に仕上がりました!
オープニングから度肝を抜く殺陣から始まり、INDIGO PLANTS らしい新解釈の元、関ヶ原の合戦を描きました。
是非とも、是非ともご観劇下さいませ!!


演激集団INDIGO PLANTS
第8回公演
【黒の仁風】


裏切りの合戦…関ヶ原。

ハンセン病を患っていた大谷吉継。
かぶき踊りを生み出した出雲阿国。
二人の意志が交錯した時、歴史は語り始める。

史実には刻まれない想い、そして愛がそこにはあった…

2016年看板作品「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」全国ツアーを経て満を持して打ち出す新作は天下分け目の大戦。
圧倒的な感動を生んだ戦国時代劇「凜」から3年。

INDIGO PLANTS流戦国絵巻第二巻!
どうぞ御賞味あれ!!


●脚本●
久保 泰

●脚色・演出●
藤田 信宏
太極拳国際大会in上海
銀メダリスト
宮城県体育勲功賞授賞者

●サウンドデザイン●
坂出雅海(ヒカシュー)

●殺陣師●
高橋伸稔
NHKドラマ「妻はくの一」
映画「リターナー」
アクション監督

●舞踊振り付け●
孝藤まりこ(孝藤流家元)
北國芸術賞授賞者

●パフォーマンス指導●
yasco

●公演日時●
1月10日(水)13:30/18:30
1月11日(木)18:30
1月12日(金)13:30/18:30
1月13日(土)13:30/18:30
1月14日(日)13:30


●会場●
中野ザ・ポケット


●チケット料金(全席指定) ●
前売:5,000円
当日:5,500円
学割:4,500円
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
新年明けました!
1515089961576.jpg
新年明けましておめでとうございます。
2018年もどうぞ宜しくお願いします。
寒さがだいぶ厳しくなってきていますが、風邪などは引いていませんか?

私が主宰する演激集団INDIGO PLANTSの公演がいよいよ来週からとなりました!

土曜日の昼と日曜日の昼は完売。
土曜日の夜の部は残り数席となりました。
平日はまだお席がございますm(__)m

演出として、主演として、これまで培ってきた事全てを注ぎ込みました。
そして、観て損はさせない渾身の作品に仕上がりました!
オープニングから度肝を抜く殺陣から始まり、INDIGO PLANTS らしい新解釈の元、関ヶ原の合戦を描きました。
是非とも、是非ともご観劇下さいませ!!


演激集団INDIGO PLANTS
第8回公演
【黒の仁風】


裏切りの合戦…関ヶ原。

ハンセン病を患っていた大谷吉継。
かぶき踊りを生み出した出雲阿国。
二人の意志が交錯した時、歴史は語り始める。

史実には刻まれない想い、そして愛がそこにはあった…

2016年看板作品「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」全国ツアーを経て満を持して打ち出す新作は天下分け目の大戦。
圧倒的な感動を生んだ戦国時代劇「凜」から3年。

INDIGO PLANTS流戦国絵巻第二巻!
どうぞ御賞味あれ!!


●脚本●
久保 泰

●脚色・演出●
藤田 信宏
太極拳国際大会in上海
銀メダリスト
宮城県体育勲功賞授賞者

●サウンドデザイン●
坂出雅海(ヒカシュー)

●殺陣師●
高橋伸稔
NHKドラマ「妻はくの一」
映画「リターナー」
アクション監督

●舞踊振り付け●
孝藤まりこ(孝藤流家元)
北國芸術賞授賞者

●パフォーマンス指導●
yasco

●公演日時●
1月10日(水)13:30/18:30
1月11日(木)18:30
1月12日(金)13:30/18:30
1月13日(土)13:30/18:30
1月14日(日)13:30


●会場●
中野ザ・ポケット


●チケット料金(全席指定) ●
前売:5,000円
当日:5,500円
学割:4,500円

ご予約、ご連絡お待ちしております!!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
通し稽古
1514689798732.jpg
12月29日は、今年最後の稽古日で、通し稽古を2回行いました。

2回目は私も立っての通し。
演出に集中してきたので、初めて台詞を口にするシーンもかなりあり、緊張感のある通し稽古でした。

出演者もスタッフも、本番さながらの集中力で、良い最終稽古となりました。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
抜き稽古終了!
1514383733086.jpg
本日をもって抜き稽古が終わりました。
明日からはいよいよ通し稽古!

本日から照明、音響スタッフが入り、作品創りが加速しました。

演激集団INDIGO PLANTS
第8回公演
「黒の仁風」

観ないと損です!!!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
連日の稽古
1514318365376.jpg
「黒の仁風」稽古稽古の真っ最中です!
稽古風景など、本当はブログに更新していきたいなぁ、と思っているのですが、その頭になる隙間がなく…。
演出の事に完全に頭が持っていかれています(>_<)

今回の作品は、やはり関ヶ原の大戦。
これまで創ってきたものとはスケールが違う。
人間描写が絡み合う。

とにかく演出で気を抜くとさっぱり情報が届かないものになり、何が何だか分からないものになってしまいます。
演者一人一人の台詞の一言一言全てに音の高低、強弱、リズム、テンポ、間、表情(声色)をつけ、「ここ」という台詞の際立ちをつけていくことに大変な時間がかかります。

そこに転換、殺陣、パフォーマンス、舞踊、が絡み、複雑な構成になっているので、それをいかに分かりやすく伝えられるか…そこにかかっています。

ビジュアルで情報が分かりやすくする方法も拘りを持って創っています。
視覚はとにかく一番情報が理解に繋がりやすいので、衣装、かつら、メイク、舞台美術、照明、立ち位置、考えうることは全て行っています。

視覚、聴覚が作品創りでは中心になりますので、なかなか嗅覚、味覚、触覚を刺激するのは難しいですね(笑)

でも、私がINDIGO PLANTSで大切にしているのはその五感の先。

勘や気付きの領域の第6感、そして、無意識の領域での心の在り方の第7感の部分です。

この領域の意識共有を行うことで、圧倒的な人間関係の密度の濃さ、そこから生まれる強烈なアンサンブルが顕現します。

今回も、初参加が多いにも関わらず、これまで何年も一緒にやってきたのではないかと錯覚する様な強い絆が稽古場に生まれています。
間違いなく、最高の作品になります!
是非ともご観劇下さいませ。


演激集団INDIGO PLANTS
第8回公演
【黒の仁風】


裏切りの合戦…関ヶ原。

ハンセン病を患っていた大谷吉継。
かぶき踊りを生み出した出雲阿国。
二人の意志が交錯した時、歴史は語り始める。

史実には刻まれない想い、そして愛がそこにはあった…

2016年看板作品「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」全国ツアーを経て満を持して打ち出す新作は天下分け目の大戦。
圧倒的な感動を生んだ戦国時代劇「凜」から3年。

INDIGO PLANTS流戦国絵巻第二巻!
どうぞ御賞味あれ!!


●脚本●
久保 泰


●脚色・演出●
藤田 信宏
太極拳国際大会in上海
銀メダリスト
宮城県体育勲功賞授賞者


●サウンドデザイン●
坂出雅海(ヒカシュー)

●殺陣師●
高橋伸稔
NHKドラマ「妻はくの一」
映画「リターナー」
アクション監督

●舞踊振り付け●
孝藤まりこ(孝藤流家元)
北國芸術賞授賞者

●パフォーマンス指導●
yasco


●出演●
藤田 信宏(大谷吉継)

三原 珠紀(出雲阿国)

三咲 順子(大谷千草)
本倉 さつき(小石)
保利 雅子(桔梗)

犬山ヴィーノ(上杉景勝)
岡 智(徳川家康)
堂免 一るこ(蔦)

橋本 和幸(湯浅五助)
工藤 貴史(服部半蔵)
西尾 三枝子(北政所)



●公演日時●
1月10日(水)13:30/18:30
1月11日(木)18:30
1月12日(金)13:30/18:30
1月13日(土)13:30/18:30
1月14日(日)13:30


●会場●
中野ザ・ポケット


●チケット料金(全席指定) ●
前売:5,000円
当日:5,500円
学割:4,500円
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
浅草で舞踊稽古
1513821305254.jpg
今日は舞踊のお稽古で浅草まで来ました。
沢山の観光客で賑わっています!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>