「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
INDIGO PLANTS『遥かなる伝言』
1560068861043.png
演激集団INDIGO PLANTS
〜リトルボックス公演〜
『遥かなる伝言』
脚本/久保泰 演出・補綴/藤田信宏

◯日程
2019年8月8日(木)〜12日(月)(9回公演)

◯劇場
北池袋 新生館シアター
アクセス1:東武東上線北池袋駅(池袋駅から1駅目/普通電車のみ停車)から徒歩30秒
アクセス2:JR池袋駅北口から徒歩18分。
アクセス3:埼京線板橋駅西口から徒歩10分。

◯チケット
2019年7月6日より発売開始
※土曜日・日曜日・月曜日(祝日)昼公演は早めの完売が予想されますのでお早めにお申し込み下さい。


〜「遥かなる伝言」とは〜
 現代編を中心に、大阪夏の陣編、江戸編、桜花特攻(太平洋戦争末期)編と、4つの時代を背景としたショートストーリーを繋げたオムニバス作品です。

《あらすじ》
さまざまな時代があった。
さまざまな人々がいた。
過酷であろうが、平和であろうが。
とにかく人は一生懸命生きてゆく。
笑いながら泣きながら、時には凹むことだって。
一台のオルゴールが幾星霜の時を越えて、悩みながらも頑張っている若き銀行員の元に訪れた時、小さな奇跡がまたひとつ。
古ぼけたオルゴールが奏でる小さな小さな奇跡の物語。

『遥かなる伝言』Webサイト
http://impressed.stars.ne.jp/harukanaru/


《公演日程》
8月8日(木)19:00
8月9日(金)15:00/19:00
8月10日(土)15:00/19:00
8月11日(日)11:30/15:00/19:00
8月12日(月)15:00

《観劇料》
日時指定・全席自由席/3900円
(学割:高校生まで3000円)

〜令和最初の夏は是非INDIGO PLANTS『遥かなる伝言』新生館シアターへ〜
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「遥かなる伝言」Webサイト
1560069530742.png
演激集団INDIGO PLANTS
〜リトルボックス公演〜
「遥かなる伝言」

8月に予定しています我がINDIGO PLANTS公演の専用Webサイトが完成しました!

是非ご覧下さいませm(_ _)m


http://impressed.stars.ne.jp/harukanaru/

チケット販売開始は7月6日です。

土曜日と日曜日の昼公演はすぐに完売する事が予想されますので、チケット販売開始前にご連絡頂けましたら幸いです。


演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
戯曲集販売中です(^^)
私が20代の時に4回出演した、遊人塾。

団体の中心は、丸野光一郎、永島直樹、住吉正博、の3人。

20歳の時に所属していた倉田プロモーションの、演技講師が丸野光一郎さん。

倉田プロモーションが事務所をあげて東京と大阪で舞台を公演した「ドラゴン放浪記」の脚本・演出が永島直樹先生。

「ロボコン」でロボコンのパパを演じていた住吉正博さん。

3人が中心となって立ち上げた遊人塾。


私がまだ倉田プロモーションに所属していた時に「ドラゴン放浪記」という、社長の倉田保昭氏を題材にした連載漫画がありました。
それを舞台化するという事で、倉田プロモーションをあげて公演を行いました。


その作品の脚本・演出が永島直樹先生。

私は出演しながら、舞台監督助手の仕事もやってました。

その公演のおよそ1年後・・・

私は事務所を離れる事になりました。

その当時、業界に個人的な繋がりも何もできていない訳で。
ただ裸一貫で事務所を飛び出しただけでした。

倉田プロモーションを辞め、芸能界のつても何も無くなり、路頭に迷っていた自分。


そんな時、耳に入った遊人塾旗揚げ公演の噂。

「丸野さんや永島さんが舞台始めるらしいぞ」

という噂を耳にした私は、即座に永島先生に電話して

「舞台をやると噂を伺いました。舞台監督助手でも、ただの雑用でも、買い出し要員でも何でも良いので、どうか関わらせて下さい。」

そうお願いしました。

それまで一度も電話なんかした事がありません。
そんな関係ではありませんでした。

でも、「ここしかない」その思いでした。
あれこそ藁にもすがるという事なのでしょうか。

電話で必死にお願いしたのを覚えています。

「そこまで言うなら手伝ってみるか?役は無いぞ?」

「役なんて無くてもいいです!どうか勉強させて下さい!」

「じゃあ、ちょうど稽古が始まったばかりだから、舞台監督助手・雑用係としておいで」

と言ってもらいました。

「ありがとうございます!」と早速次の日から稽古場に行って、仕事が始まりました。

稽古場に一番最初に入って、掃除をして、バミリを貼って、出演者の方々を待つ。

稽古が始まれば、プロンプと代役を全てやりながら、買い出しや雑用、衣装、小道具のスタンバイ、出演者のNG把握などなど、やれる事は全てやりました。

飲みにいくとなれば、どんなにお金がなくとも、顔を必ず出して、先輩たちの話を聞く。

役作りとはなんぞや。
発生、滑舌とはなんぞや。
舞台とはなんぞや。
作品を創るとはなんぞや。
隣でずっと話を聞き続けました。

稽古場の鍵を開けて、準備をするのは全て私の仕事でしたから、他の方々が来る2時間前に入って準備を終えて、1時間は前日の飲みの席で聞いた先輩たちのお話を実践する時間に当てました。

誰もいない稽古場で、一人で全ての役を演じながら、作品を創るという事はどういう事なのかを考え続ける時間でした。 

そんな毎日が3週間が続き、本番1週間前。

主役が下ろされました。
馘になったという事です。

主役がいなくなるの!と驚きましたが、

「プロの芸事の世界だし、まあ、実力が無ければ当たり前だろう。」

そのくらいに思ってました。

結果、主役に代役で入る事になったのは、準主役をやっていた方。

「まあ、そうなるだろう」

とそれは予想が出来ました。

さて・・・、

その空いてしまった「準主役はどうするんだろう?」と思いました。

経験を積んだ先輩役者が他にも沢山いるので、「誰がその役をやるんだろうか・・・」その興味が強かったのを覚えています。

なんといっても、私が一番好きな役でしたから。

すると、演出の永島先生から、「おい藤田。お前セリフと動きは全て入ってるか?」

と言われ、

「あ、はい。登場人物全てのセリフと動きは覚えています。」

と答えました。

「よし。1回やってみろ。」

と。

「はい!」

「すぐやれるか?」

「はい!今すぐやれます!」

「一回読みあわせくらいやるか?」

「頭に叩き込んでいるので必要ありません」

と断り、すぐに立ち稽古。

毎日一人で誰もいない稽古場で練習していた通りの事をやりました。

結果、

「藤田でいこう」

その演出家の一言で役を頂く事になりました。

その旗揚げ公演から合計4本出演させて頂きました。

遊人塾で出会った西尾三枝子さんとは今でも深く繋がっています。
その後の私の俳優人生を変えるきっかけをくれたのは西尾さんでした。

そんな遊人塾が公演し、私が出演した

「盟三親切」
「アイアイの眼」
「マイブルーヘブン」

の3作品が戯曲集として販売されています(^^)

「盟三親切」は、狂言作者河竹黙阿弥のお話。
私は黙阿弥の一番弟子で、文才は天賦の才能がありながら、女ったらしでどうしようもない人間の役を演じました。



「アイアイの眼」は、直木賞作家である西木正明さん原作作品で、日露戦争で日本軍がロシアのバルチック艦隊を撃破するその裏側を描いた作品でした。
私は外人の役で、女にだらしなく、最終的には人殺しまでしてしまうという、どうしようもない人間の役でした。


「マイブルーヘブン」は、関東大震災後の復興を描いた作品。
詩人、中原中也に憧れ詩人を目指しながら、女にだらしなく、夢だけ語るヒモ、というどうしようもない人間ですが、初めて作品の主役をやらせて頂きました。


想い出深い3作品が戯曲集として販売されているのは凄く嬉しいです。

私が20代だった時の想い出の3作品。

遊人塾旗揚げに参加したのが23歳。
「マイブルーヘブン」の時は28歳。
5年間で4本を通し、遊人塾で鍛えて頂きました。


懐かしい思いと共に、「今ならもっと表現出来るのに(悔)」という想いもあります。

お客様のアンケートで、

「主役が棒読み」と書かれていて、涙を流した事も忘れられません。

努力してると自分がどんなに思ったところで、人に伝わる結果を出さなければ何の意味も成さないという事を学ばせて頂いた現場であり、作品でした。


戯曲集販売って、凄く嬉しいものです!

でも・・・役柄を思い返すと・・・


女ったらしで、どうしようもない人間の役ばかり(笑)

あれ?
20代の時の私のイメージは作家にとって、それなのか!?




演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
EASTONES出演情報
1557583461845.jpg
劇団EASTONES 創立10周年記念公演
第14弾!
&#9832;&#65039;悪党温泉&#9832;&#65039;
〜なぁ、幸せって何だろな...〜
作:演出 清水東
殺陣:演出 石田武

今回はコントユニットカンカラさんも出演し、これまでよりより一層コント色が強くなる事必死のEASTONES。
私はコントはありませんが(笑)、ストーリーの軸を担う中心の役です。
楽しんで頂ける様頑張ります(^^)
是非ご来場下さい!


【あらすじ】
山間の温泉宿「悪党温泉」。そこに湧いている「悪の湯」は、入れば悪運が成就するという効能があるとか。その湯に入って御利益を得ようと、日本中の悪党ども集まって、そこは悪の社交場と化していた。
劇団EASTONESが10周年を記念して放つ、痛快時代劇コメディ!

2019年
6月22日(土)〜30日(日)

【公演日程】
6月
22日(土)19時開演
23日(日)13時開演/18時開演◎アフタートーク
24日(月)19時開演
25日(火)19時開演
26日(水)14時開演☆マチネ割/19時開演
27日(木)14時開演☆マチネ割/19時開演
28日(金)◆殺陣イベントあり、19時開演
29日(土)13時開演/18時開演◎アフタートーク
30日(日)14時開演

全13ステージ。
◇毎ステージ日替りゲストが登場します!
随時、決定次第、公式HPにてお知らせ致します。
http://www.eastones.jp/

☆マチネ割引→4500円
◎アフタートーク→終演後に開催します。
◆28日金曜日公演は公演前の18時から殺陣教室参加の生徒さんによる発表会開催。

☆受付開始は開演の45分前。開場は30分前。



【会場】
下北沢駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F

☆最寄り改札口は、
下北沢駅・小田急線「東口」、京王井の頭線「京王中央口」です。
お間違えのないようにお願い致します。

【キャスト】
富永研司
あも
石田 武(カンカラ)

入山 学(カンカラ)
杉林 功(カンカラ)

宮崎重信
山崎日菜
仙波恵理

洋人
阿部 開
青谷 優
藤田勇紀
畠山昌也

小西いづ
楠本千奈

松宮かんな
矢野いづみ


こいづか登 (演劇集団イヌッコロ)

藤田信宏 (演激集団INDIGO PLANTS )

日替りゲスト出演
赤坂泰彦
テツandトモ
時東ぁみ
花園直道

シークレットゲスト

【料金】
全席指定 前売¥5.000/当日¥5.500
◆マチネ割引 前売¥4.500/当日¥5.000
小中学生割引 前売・当日共¥3.000

《チケットご予約》
こちらのURLからご予約頂けます。

https://ticket.corich.jp/apply/99999/019/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
顔合わせ!
1557583461845.jpg
本日は6月に客演する劇団EASTONESの初日顔合わせです。

早いものでもう5回目の出演です。

イーストンズでは普段発注が来ない役柄に挑戦出来るので、演技の振り幅を広げられるので有り難いです。

今回の役も珍しい役柄なので、演技プランを考えるのが面白い。

家で台本を読んで「この方向の演技かな」と方向性を見つける作業と、実際稽古場で「自分の演技プランを成立させる」のは、違う感覚が必要です。

一人で芝居を考えるのと、相手役がいる事、作り手側(作家、演出家)が見ている事では、全然違います。

今頭に描いている演技はあくまで「自分で納得がいく感覚」や「自分の頭の中で思い描いているミザンス」です。

それを作り手側の求めている事を加味修正しながら変化していく。
そこが一番楽しい作業であり、大変な作業です。

他人の感覚や頭の中を全て共有出来ないし、肉体操作や感情操作も、どうしてもズレが生じます。

そこをどう、埋めるか。

そして、その誤差が大きければ大きい程、成長に繋がるものだと思います。

役を通して、自分の人生では決して歩む事の無い別の人生を歩む事が出来るのですから。

今回はその誤差が一番大きいかもしれないな、と思ってます。

そこが一番楽しみです(^^)



演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
INDIGO PLANTS新作「遥かなる伝言」
演激集団INDIGO PLANTS「黒の仁風」から1年4か月が経ちました。

そしていよいよ新作です!

しかも、今回は、これまでの普通の公演ではなく、現代を中心とした、戦国時代、江戸時代、終戦間際の。4つの時代を描く短編集、オムニバス作品です!

これまでINDIGO PLANTSとして積み重ねてきた表現と、新たに喜劇も取り入れたINDIGO PLANTSにしか出来ない作品です!

出演者は、旗揚げからヒロインを担い、「凜」で主人公を堂々と演じあげた劇団の看板三原珠紀。
旗揚げから劇団と共に生き、実力を上げた越田樹麗。
私、藤田と共にいつも軸を担って下さる工藤貴史。
殺陣では右に出るものがいない、芸歴40年の橋本和幸。
悪役がこれ程似合う役者がいるだろうか・・・憎まれ役は天下一品、宮崎重信。
舞台に立つだけでその美しさに目を奪われる三咲順子。
「黒の仁風」でINDIGO PLANTS初参加、それ以来、INDIGO PLANTSにもう一度出たいという強い気持ちを持ち続けてくれた飯山嘉幸。
「黒の仁風」を観て、是非INDIGO PLANTSと関わらせて欲しいと気持ちを込めて飛び込んできた、ebisu-堂。

旗揚げからのメンバーがほとんどではありますが、新しいメンバーもそれと変わりなく熱い気持ちを持って参加してくれます。

新旧メンバーが強い気持ちで作品に臨む新作「遥かなる伝言」。

只今、絶賛補綴中!

これは面白い!

座席数が今回はぐっと少ないです。

土日のチケットはプレミアになると思います。

近々日程をあげますが、土日の方々はくれぐれもお急ぎ下さい!!


演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
初めての下北沢。
1557585458580.jpg
小劇場と言えば!、というイメージがある
下北沢。
実は私、これほど長く舞台をやってきているのにまだ下北沢で舞台に立ったことがありません(笑)

そんな私が初めて下北沢の舞台に出演する事になりました。

これまで4回参加して、次は5回目の出演になる劇団EASTONES。
時代劇コメディの団体です。

初めての下北沢はどんな感じなんでしょうか(^^)

8月には我がINDIGO PLANTSの公演も控えていますが、興味とお時間がありましたら是非ご来場下さいませ(^^)

 
演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
偶然!
IMG_20190429_150933.jpg
ジョビジョバコントライヴ面白かったです(^^)

終演後、楽屋にご挨拶に伺ったら、キムラ緑子さんが(驚)

偶然同じ回でした。

マギーさんとの楽屋挨拶後、ドリさんと二人で軽く一杯。
色々なお話が出来て楽しかった〜(^^)



演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
ジョビジョバ
IMG_20190429_124643.jpg
今日は品川プリンスホテルにあるクラブexにジョビジョバのコントライヴを観に来ました。

「有頂天団地」の時の演出家であるマギーさんが主宰の団体です。
一世を風靡したジョビジョバの2年ぶりの復活ライヴ。
とても楽しみです!


演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
アクションアワード2019
毎年行われているアクションアワード授賞式。
一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、アクション業界ではメジャーなんです。

アクションや殺陣が入っている映画やドラマの中から俳優賞や作品賞が選ばれています。

その中でなんと!
アクションアワードの花形であるベストスタント賞に岡本正仁さん!

岡ちゃんがベストスタント賞!(驚)
いやぁ、驚いたー!

岡ちゃんとの初めての出会いは、アクション関係の方々が集まった懇親会でした。
初対面なのに話が合って、そのままうちに泊まりにきて、朝まで語り明かしました。
あの日が懐かしい(笑)

岡ちゃんおめでとうー!!

アクション俳優部門での授賞者は、男性では岡田准一さん、女性では綾瀬はるかさんでした。


演激集団INDIGO PLANTSホームページ
https://www.stage-indigo.com/
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>