「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
終戦記念日
1534311713402.jpg
昨年の11月で4歳になった長男。

「火垂るの墓」の節子と同じ年になりました。

今日は終戦記念日。

長男と一緒に見ます。

難しくて分からなくてもいい。
ただ、心に刻んで欲しい。
いつか分かる時が来るから。

平和な日本に生きていられる事の有り難さ、毎日ご飯を好きなだけ食べられる事への感謝を持てる子になって欲しい。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
日本1位に返り咲き!
1534104541327.jpg
8月11日(土)、12日(日)の2日間に渡り大阪府八尾市総合体育館にて行われました、【中国伝統武術国際交流大会】。

日本代表として陳式太極拳の部に出場してきました。
以前、中国・上海で行われた日中韓交流競技大会での日本代表以来の国際大会出場です。

今回、国際大会なのですが、順位は、日本人選手は日本人選手での成績、海外選手は海外選手での成績という形式。

そして念願の

金メダルを受賞しました!


先月出場した全日本武術太極拳選手権大会で3位でしたが、その時の1位と2位の方を抜いて、日本1位になり、金メダル!

先日の全国大会で順位を落としてからの今回の結果は、私にとって大きな感動がありました。
そして何よりも今回は、これまでずっと応援してくれて、今回も大阪まで駆け付けてくれた母に再び金メダルをかける事が出来た事が嬉しかった。

ここまで太極拳を続けて来られたのは他でもない、母親の応援があってこそ。
元気なうちにもう一度日本1に!と強く思っていましたが7月の全国大会では順位が下がりがっかりさせてしまいました。
そんな中での今回の結果。
本当に嬉しかった…。
親孝行が出来る機会を神様からもらえたんだと思います。
自分は運が良い。
本当に有り難いことです。


全体/世界では私は2位。
1位は中国選手団の代表コーチの方で、素晴らしい演武でした。
でも私とその方の差は、ほんの0.02という僅かな差。
ほんとの世界一…
惜しかった!

太極拳を始めて35年。
良い節目を迎える事が出来ました。
| 藤田信宏 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - |
チラシの表面が出来ました。
1533435692203.jpg
来月出演する舞台のチラシ表面です。
どの様な作品になるのかとても楽しみです。

今日はこれから宇都宮へ。
第2回目の太極拳講習会。
今回も多くの方々にご参加頂いているので、少しでも太極拳の素晴らしさをお伝え出来ればと思います。


今日は気仙沼はみなと祭りかな〜。
行きたいなぁ(>_<)(>_<)
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
舞台出演
急遽ではありますが、来月舞台に出演する事が決まりました。

白虎隊を題材とした作品で、私が演じるのは会津藩家老の萱野権兵衛。
まだ台本は頂いてないですが、役名だけ昨晩、脚本家の方からご連絡を頂きました。
出演者が40人もいるそうです(驚)

幕末は久しぶりですが、白虎隊を題材とした作品は初めて。

10歳の時に年末時代劇で白虎隊が放映されましてそのストーリーに感動し、堀内孝雄さんの「愛しき日々」が流れて涙が止まらなかったのを覚えています。

また、小学6年生の修学旅行で福島県を巡った時に、飯森山を登り、そこで白虎隊の物語を刀を振りながら演じていた女性がいて、真剣に見、深く印象に残り、今でもその光景は心に刻まれています。

東北の生まれとして、いつかは白虎隊を扱った作品に出演してみたいと漠然とは思っていましたが、まさかこんなに突然来るとは思いませんでした。

会津戦争の責任をたった一人で背負い切腹をした萱野権兵衛。

どの様な役に描かれるのか非常に楽しみです。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
パントマイムの教室へ
1532935765609.jpg
前週、初めてパントマイムの教室へ参加してきました。

お世話になっている先輩の冨家規政さんからお誘いしてもらっていて、以前「ZUN」で共演した三村さんも一緒でした。

筋肉のそれぞれの部位を弾く感覚や、対象を具体的にしてピタッと止めておく感覚などなど、これまで経験してきていない筋肉の操作方法だったので、非常に興味深かったです。

対象を具体的にイメージして、それを掴む感覚は、役者としての表現にも通じるものがあって勉強になりました!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
言葉が出ません。
西日本豪雨の被害を見るにつけ、どんな言葉も思い付かずただ沈黙してしまう自分がいます。

何もどう考えても、言葉が見つからないです。


警報が出た日の夜、次の日には必ずや被害が出るとニュースでしきりに流れていたあの時、安部首相を始め、多くの政治家が懇親会を開いていたといいます。

非常に重要な会であるならば、それも仕方がないとは思うのですが、SNSに投稿し笑顔で楽しそうにしている姿を拡散するのはどうなんでしょうか。

甚大な被害が出た後に懇親会をやっている訳ではないのですが…、もしもを考える事も出来たのではないかと思うばかりです。

しかし、まさかこれほどになるとは想像が行き着かない事も分かります。

…一般人ならば。
…国を司る政治家でないならば。

その辺にいる普通の人と同じレベルの感覚・考え、視野じゃないかと思ってしまうのです。

特別な仕事に就いているんじゃないの?と思ってしまうのです。

自分が国会議員ではない以上、ほんとに自分が出来るのか?と問われたら、自分も自信はありません。


でも…

「遠い場所」という意識があるのではないかと思わざるを得ないのです。

国の政治家なのだから、東京以外も己の範疇に入れておく事は当たり前なのではないかと思ってしまうんです。

自分がいる場所とその回りにしか根をはっていない意識で、日本という「国」に根をはやし考えて未来を作る事は出来るのでしょうか…。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
災害
西日本豪雨から1週間。

ニュースを見る度に心が締め付けられます。
亡くなられた方が200人を超えたというニュースを見て、驚愕しています…。

心から、心から犠牲者の方々へ哀悼の意を表します。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
元の身体に。
今日は何日ぶりか分からないくらい久しぶりのお休みでした。

「黒の仁風」の編集確認作業や、NHKへ提出する劇団資料の作成、今度の日曜日の太極拳全国大会の練習などは当然やらなければならないのですが、時間を取って人と会って云々という事が無いのは大きいですね。

まず、睡眠をしっかり取るところから。
昨晩、考えながら椅子で座ってたら、そのまま意識が飛んでいた様で、数時間後に目覚めたのは良いのですが、ここ最近の疲労が蓄積されていて体が全く動かせない(-_-;)
そのまま椅子を滑り落ちて床の上に寝そべったところまでは覚えているのですが、またそのまま気絶していたみたいで。
5:00に目覚めたので、頭で考えていた事を掌にメモだけ取って、布団へ。
8:30まで寝てました(>_<)(>_<)

床は硬くて体が痛いです。
やっぱり布団が良いですね(笑)

昼過ぎにマッサージに行って体のメンテナンス。
体の歪みや血流の悪さは普段の生活の中で強烈に感じていました。

○蹴りの足が上がらない。
→尻の筋肉から股関節に繋がる部分のハリ。
○しゃがむ・立つの動作が緩慢
→腰の調子が思わしく無かった為、腰を痛めない様に太股の筋肉のみを使っていていた結果、体が前傾になって、軸がズレている事を治せず、ゆえに体幹が機能しなくなってる。
○頭で考えた事の伝令が肉体に届くまでの反射速度が遅い。
→イメージが出来ても、その具現化するに当たって、筋肉や力を使いすぎてる。無意識の領域に意識が侵食してきている。

日頃感じてはいても、自分では治せないレベルでした。
全く休みが取れなかったのですが、やっと今日行けて、すっかり元の私の身体を取り戻してきました。

何とか日曜日の全国大会に間に合いそうです。
良かった〜(>_<)
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
姶良市の皆様と
2016年「蒼空」全国ツアーで公演させて頂いた、姶良市にもご挨拶に行ってきました。

姶良市は鹿児島空港からすぐ近くなのですが、宿泊は鹿屋市なので、車で2時間弱くらいの移動距離。
いつもの様に睡眠時間があまり取れないスケジュールなので、運転に神経を使いました。
鹿児島へのご挨拶回りではいつも、この運転に体力を使います。
途中で休む時間が取れれば良いのですが、なかなかそうはいきません(-_-;)


さて、久しぶりの姶良市。
お会いしたのは、お世話になった市議会議員のお二人と、元副市長。
副市長は、なんと、今年の1月の「黒の仁風」を東京まで日帰りで観劇に来てくださいました。
今年の3月で勇退されましたが、相変わらずお忙しい日々。
それでも時間をぬって会ってくれました。
なんと有り難い事か…。

夕食を御一緒し、沢山の事を話しました。
議会の事や、行政の事、私からは太極拳の陰陽の概念から「生中の死。死中の生。」についてや、人間の呼吸と発声を産み出す横隔膜の筋肉の操作論から始まる、情報のインプットとアウトプットの方法論等々。
勉強になる事から笑い話まで、多岐に渡る会話の内容に時間が経つのを忘れてしまいました。

副市長は「黒の仁風も本当に素晴らしかったです。INDIGO PLANTS は、題材が素晴らしい。劇団の根底にある理念が体現するその内容は、忘れてはいけない事を気付かせてくれます。
藤田さんと私は、魂の方向性が一緒なのだと感じています。これからも応援しますので、薩摩半島の方でも公演出来たら良いですね」と言って頂きました。

これまで大隅半島での公演を重ねてきて薩摩半島ではまだ公演した事がありません。姶良市はその大隅半島と薩摩半島の間に位置する市。
市議会議員のお二人も以前から薩摩半島での公演が成ることを応援してくれています。

薩摩半島の方に公演先を増やしていけたらこれほど嬉しい事はありません。

出水市、日置市に数年前に1度市長訪問はしたのですが、まだ公演は叶っていません。

こうして副市長と関係が深くなったのも偶然ではなく必然だったのだと思います。

市議会議員のお二人も、とにかく仏様の様に優しい方々で。
無私の心で政治をなさっているのだろうと感じます。

国会議員が政治家という存在を、そのイメージを全て台無しにしていますが、地方には素晴らしい政治家が沢山いる事を気付かせてくれます。


戦後75年にまた大きなツアーが組める様、ただひたすら頑張るのみです。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
お土産に
1530452097331.jpg
初めての鹿児島ツアーである2014年に公演をさせて頂いた肝付町に伺い、肝付町長にご挨拶をしてきました。

ロケットの町、肝付町。

帰りには町長から写真の芋焼酎をお土産に頂きました!

永野町長は、本当に素晴らしい人格者で、数年前にもその人柄についてブログに書いたことがある方です。
(昨年町長に再選しました)


この様な方が国政を担い、国を動かす頂点に立って下さったら…そんな想いを抱かされる程の方です。

私が尊敬しお世話になっている、ハンセン病国賠訴訟団の事務局長である竪山勲氏も、2013年に初めて永野町長を紹介して下さった時に「総理大臣になって欲しいと思えるくらいの政治家を紹介する。」と言って、私に永野町長をご紹介してくれました。

その事を永野町長にお伝えすると、「有り難い事です。しかし、人には器というものがあります。私は肝付町長として精一杯町民の為に生きる。それこそが私のやることです」と仰いました。

そこには、一つのブレもなく、言葉の意味以外の響きを全く持たず、ただ真っ直ぐに私の琴線に触れ、更に奥深くに突き刺さってきました。

傑物とは、こういう方を言うんだろうな…。
三国志の劉備はこういう人だったんじゃなかろうか?

そんな風に自然と感じました。

どうしてもお会いしたくて突然連絡をしたのですが、公務で時間が無い中、無理矢理時間を作って会ってくれました。

またお会い出来て、本当に本当に嬉しかったです。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>