「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
出演情報!
1529649878757.jpg
ずいぶん先の舞台ですが、情報が解禁になりましたので、お知らせします!

久しぶりの現代劇!
そして喜劇です!

チケットの一般発売は9月29日(土)からなのですが、チケットがすぐに完売になってしまいます(>_<)(>_<)
大人気の【有頂天シリーズ】!!

私も面白い役を頂きました。
是非お早めにご連絡下さい(^^)


「喜劇 有頂天旅館」「喜劇 有頂天一座」に続く有頂天シリーズ第3弾!

《小幡欣治の傑作喜劇「隣人戦争」より》

「喜劇 有頂天団地」
作 : 小幡欣治
演出 : マギー

〔小規模建売住宅(夢のマイホーム!)を手に入れた6軒の家族の日常生活に巻き起こる小さな事件の数々!様々な出来事を乗り越えて隣人同士の絆が深まっていく姿を描く、笑いあり涙ありの物語!〕

東京公演 : 新橋演舞場(33回公演)
2018年12月1(土)〜22日(土)
(休演日 : 7日(金)/14日(金) )

京都公演 : 南座(25回公演)
2019年1月12日(土)〜27日(日)
(休演日 : 1月18日(金))

出演
渡辺えり キムラ緑子

一色采子 片山陽加 田中美央
明星真由美 久世星佳 西尾まり 藤田信宏

鷲尾真知子 広岡由里子
笹野高史

製作 松竹


東京公演 日程
12月1日(土)11:30
2日(日)11:30/16:30
3日(月)11:30/16:30
4日(火)11:30
5日(水)11:30/16:30
6日(木)11:30/16:30
7日(金)休演日
8日(土)11:30/16:30
9日(日)11:30/16:30
10日(月)11:30
11日(火)11:30/16:30
12日(水)11:30/16:30
13日(木)11:30
14日(金)休演日
15日(土)11:30/16:30
16日(日)11:30/16:30
17日(月)11:30
18日(火)11:30/16:30
19日(水)11:30/16:30
20日(木)11:30
21日(金)11:30/16:30
22日(土)11:30

観劇料
一等席 : 12000円
二等席 : 8500円
3階A席 : 4500円
3階B席 : 3000円
桟敷席 : 13000円

是非ご連絡下さい!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
DVD完成間近!
演激集団INDIGO PLANTS
第8回公演
「黒の仁風」DVD完成間近!

今年1月に上演され大好評を得た【黒の仁風】のDVDが間もなく完成!!

ご来場頂いた皆様にはあの感動をもう1度(^^)

残念ながらご来場頂けなかった皆様には、是非この機会にINDIGO PLANTS 流戦国絵巻を堪能してもらえたら嬉しいです!

【あらすじ】
裏切りの合戦…関ヶ原。

ハンセン病を患っていた大谷吉継。
かぶき踊りを生み出した出雲阿国。
二人の意志が交錯した時、歴史は語り始める。

史実には刻まれない想い、そして愛がそこにはあった…

2016年看板作品「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」全国ツアーを経て満を持して打ち出す新作は天下分け目の大戦。
圧倒的な感動を生んだ戦国時代劇「凜」から3年。

INDIGO PLANTS流戦国絵巻第二巻!

↓↓↓【黒の仁風】 PR動画↓↓↓

https://drive.google.com/file/d/18zRrejVduE9rZx-Ogpw8sHLnIWqXdd6F/view?usp=sharing

●脚本●
久保 泰

●脚色・演出●
藤田 信宏
太極拳国際大会in上海
銀メダリスト
宮城県体育勲功賞授賞者

●サウンドデザイン●
坂出雅海(ヒカシュー)

●殺陣師●
高橋伸稔
NHKドラマ「妻はくの一」
映画「リターナー」
アクション監督

●舞踊振り付け●
孝藤まりこ(孝藤流家元)
北國芸術賞授賞者

●パフォーマンス指導●
yasco

本体価格3000円。
消費税240円。
合計3240円。
(振り込みの場合は、別途振込み手数料がかかります)

※7月25日までにご注文頂いた皆様には先行予約特典
【送料無料】!!

※1月の公演本番時にご予約頂いた方は消費税も劇団負担!3000円です。

【お問い合わせ先】
indigo_plants2009@yahoo.co.jp
担当:橋本美香 まで。

先行予約絶賛受付中!!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
幼なじみ
1529012214536.jpg
大谷吉継と出雲阿国を幼なじみとして描きました。

実は、初めの構想では、大谷吉継と南光坊天海の二人を軸に置き、それぞれが石田軍、徳川軍を操っていく、という物語にしようと考えていました。

江戸幕府が開かれてから急に、徳川家康の参謀として表舞台に現れた僧、南光坊天海。

彼には都市伝説があります。

本能寺の変で織田信長を裏切り倒した、あの明智光秀こそが、南光坊天海なのではないか、と。

戦国三部作第1章「凜」の主役である、明智光秀。

第2章「黒の仁風」において、南光坊天海を描く事によって、「凜」の光秀の遺志は生きている、光秀の想いは続いている、という、【「凜」を観た人のみが「お。これは」と思える】遊びを入れたストーリーにしようと思っていました。


がしかし…、

原案を作っていく中で、関ヶ原を参謀タイプの二人で作るとなると、どうしても政治的な部分が強くなり、ストーリーに偏りがでてしまう。

また、二人で関ヶ原の合戦を作る事にすると、一人のキャラクターを二人に分けたみたいな感じになってしまい、キャラクターがそれぞれ相殺しあってインパクトが弱くなっていく。

更には、よっぽど歴史が好きな人でない限り、難解すぎてよく分からない可能性が高い。

戦略、戦術、政治、外交、などの描写が内容の大部分を占め、必然説明が多くなる。
このままでいくと、時代劇を創る団体の大部分が陥る、《年表を追っただけのつまらない時代劇》になってしまう…。

これは、観ていて飽きる…。


そう思い、ストーリーを考え進めても、最後まで行き着かない。
どうしても、途中でつまらなくなってしまう。

困ったなぁ。

考えても考えても、面白くなりそうな気配を感じないぞ…。

という危機的状況に(汗)

丸1年以上悩んだ結果、大きく方向転換をしました。

それが出雲阿国。

1607年消息不明となった出雲阿国。
阿国が世から消えたのと、天海が世に出始める時期がかなり近いものがある。
この二人がもし同一人物だとしたら?

そう考え始めたら、私の妄想がドンドンドンドン膨らんでいきました。
そう、妄想です(笑)

結局、ゼロから話を創るのは、妄想しかないんです(笑)

そうして完成した「黒の仁風」。

出雲阿国を登場させた事で、舞台に彩りが出ました。
舞踊と歌が入り、政治的な硬く重い話だったのが、エンターテイメント要素が上がり、明るさを纏う様になりました。

また、歌詞入り楽曲を初めて作成。
作詞に初挑戦し、CD製作・販売、と制作面でも新たな挑戦をする事が出来ました。

舞台上だけでなく、他の面でも新たな企画に挑戦出来た事は重要な事でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
面白い二人。
1528801535327.jpg
北政所/西尾三枝子
小早川秀秋/細野大地

西尾さんは「蒼空」以外でのINDIGO PLANTS 参加は初めてです。
まさか時代劇で西尾さんを演出する日が来るとは思ってもいませんでした。
西尾さんに「藤田君が演出するならば、セリフが一言でもいいから出演したい」と言って頂いて、今回のオファーになりました。
参加して頂いて本当に有り難い事です!
でも「藤田君が演出しない時はオファーしないでね」とも言われており、嬉しくもあり、複雑な気持ちもあります(笑)

細野君は、もともと私のファンで、それを色々なところで公言していまして(笑)

ある人が細野君の話を聞いていて、「その藤田さんって知ってる人だよ。電話してみようか。」と。

そんな始まりで繋がった不思議な縁。

「黒の仁風」でやっと共演する事になりました。

劇団サンスカイという団体の主演俳優で、何度か観に行った事があったので、これまでに演じた事の無い役を当ててみました。
小早川秀秋はピタリとはまりました!
彼はずっと主役をやってきただけあって、お客様に顔を売る、見せる、という感覚をしっかりと持っているので、演出しがいのある面白い俳優でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
親友。
1528678813410.jpg
石田三成と大谷吉継。
この二人は羽柴秀吉のもとで苦楽を共にし、戦場やその配置先で同じな事が多く、出会ってから関ヶ原の合戦で共に亡くなるまでの30年弱という長い時間を一緒に過ごします。
しかし、親友だからこそ吉継は三成の限界を知り、器を知っていました。

「家康とは争うな」

そう諭した吉継。

しかし三成は親友の話を聞き入れず、家康と対立を深め、戦をする事を前提で物事を進めていました。

「なぜ戦を起こそうとするのだ?」

苦悩する吉継と、

「友であるお主に力を貸して欲しい!」

と懇願する三成。

幼い頃からの親友は、時が流れ、いつのまにか違う道を歩んでいました…。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
村人たち
1528495190224.jpg
春助/飯山嘉幸
木蔵/島田貴大
長二/図子侑大

島田君は「残影」「凜」と出演していて今回が3回目の出演でした。

飯山君と図子君は初参加。

飯山君はイーストンズでの共演が縁で知り合いになりましたが、数年前にINDIGO PLANTS に参加させて下さいという熱烈な電話をもらって、やっと彼の念願が叶える事が出来ました。
図子君はまだ20歳。
芝居感が良くセンスを感じる若手のホープ。
これからの成長がとても期待できます(^^)
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
茶会2
1528425541393.jpg
羽佐間と笠木は、吉継の病気が移らない様に距離をおこうとします。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
茶会
1528425484856.jpg
この茶会のシーンは、石田三成と大谷吉継二人の関係を表す、一番有名な逸話なので重要なところでした。

史実では、茶の中に吉継の鼻水が入ったとか、汗が入ったとか、顔の爛れた皮膚が入ったなど色々な事が言われています。

それは些末な事。

例え何が入ったとしても石田三成は同じ行動を取ったであろう、という事が重要な事です。

大谷吉継は酷い差別を受けていたそうです。
能力は同じ時代の戦国武将の中でも一際高く、人柄も認められていながら、その病気の為に大きな出世が叶わなかった。

いつの世も、差別は無くなることはありません。
でも、例え少なくとも偏見無しで側にいてくれる人も必ずいます。

写真の二人は、大谷領の領民、春助と木蔵の役と共に、二役で、羽佐間、笠木という役を演じてくれました。
羽佐間と笠木は、吉継を差別をする側の人間でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
免許制度
インターネットに動物虐待の動画を投稿するサイトがあるらしい。
信じられない…。

投稿する人間が一番信じられないが、それをいつでもどこでも見られる事もおかしい…。

全部おかしい。

投稿して人に見せることは表現の自由だから逮捕する事は出来ないらしく、投稿を削除するくらいしか対応が出来ないそうだ。
なんなんだ、それは。
犯罪だよ、犯罪。

表現の自由って、本当によく聞くが、私はいつも違和感を感じる。

「本物の」表現の自由を求めて闘っている方々がいるのは間違いない事。
でも、表現の自由を自分の都合の良い言葉にして利用している人が沢山いるのも感じる。

速攻で動物虐待の罪で逮捕してほしい。

インターネットを免許制にしたら、という笑い話を聞いた事がある。

大賛成だ。
インターネットへの投稿は、免許制度にして、投稿をして良いかどうか、その資格がある人間かどうかの試験も行ってほしい。

私もこうしてblogをやって投稿をしているが、いつでも堂々と喜んで試験を受ける!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
関ヶ原開戦!
1528333833379.jpg
「黒の仁風」のラストシーンの大殺陣は、関ヶ原の合戦の後半、小早川秀秋の裏切りから始まる作りです。

そこまでの状況は全てセリフと効果音のみで進めました。

殺陣で話を進めると、人が入り乱れ過ぎ、人物を把握しずらくなり、更には「殺陣を見せたい団体」になってしまう恐れがあるからです。
また、大谷吉継の狙いはまさにここにあり、小早川秀秋を裏切りに向かわせる事が最重要であると定義したからです。

写真は、小早川秀秋の裏切り、その流れで起きる藤堂たちの裏切りが起きたという伝令が入った後の姿です。

覚悟。

その一言を体言出来ていたら嬉しいなぁと思います。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>