「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
はざまの世代
倍近い年齢の方々の集まりに参加してきました。

はざまにいるんだな、と改めて思います。

意思の疎通、知識の共有、空気感の同包…。

年代の違いから生まれる表現、知識の違いは明らかにあって、大元の環境を含めて、人生の価値観が違う。

違う事が当たり前。


そこを、どう下の年代と共有していくのか?共有する事が大切なのではないか?と考えるのは、

50代半ば当たりの方々からなのではないだろうか。

その年代を超え上になると、一気に「自分はどう思うか」で話が終始する。
「あなたはどう思う?」という興味を、他の人に対して基本的に持っていない。
(人が多い。そうではない人もいる)


相手が聞きたい話なのかどうかは関係なく、自分が話したい事だけを話し、その自分のみの知識で常識を構築し、それを共有しない人を否定する。
(人が多い。そうではない人もいる。)


年代は関係ないのかなぁ。
ただ単にその人の性格なのかなぁ。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
千秋楽のみ
1538778376886.jpg
千秋楽だけは、衣装、かつらのままでお客様の送り出しをして良いという事になりまして、カーテンコールが終わったらそのまま観客席の通路を通ってロビーへ。
お帰りの皆様を送らせて頂きました。
この日は台風が凄くて、20:00でJR全線がストップ!
終演したのが18:15なので、大急ぎでバラシでした(-_-;)

写真のメンバーは、出演者数名と、過去に色んなところでそれぞれ共演した方々。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
最後の締め
1538614227723.jpg
今回の舞台、出番は少ないですが、最後締めを担いました。

初めての白装束。
| 藤田信宏 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - |
終演しました。
1538462385438.jpg
「白虎隊〜獅子たちの什の掟〜」
無事に怪我なく千秋楽を迎える事が出来ました。

今回は、出演者が60人近くいる、大所帯の公演でした。

一番下は小学生から、上は70代の方まで、年齢層の幅広さは過去最大でした。

ご観劇頂いた皆様に深く、深く御礼申し上げます。

写真は演出家の鼓太郎さんと。
| 藤田信宏 | - | comments(1) | trackbacks(0) | - |
忘れない言葉
ニュースで見て、ショックを受けました…。

「相棒」志水正義さん死去。

まさかと思いました…。


私が忘れられない志水さんから言われた言葉があります。
志水さんが舞台監督をやっている舞台で、私はまだ20代でした。

私は同年代と舞台をやる事など皆無で、どの現場に行っても圧倒的な年下で、雑務は全て私がやる事が当たり前の現場ばかりでした。

芝居は下手くそ、現場がどういう風に回っているのかも知らない、ペーペーの自分が出来る事は、とにかく裏回りだけでも役に立とう、芝居のレベルを落としている自分に出来る事は、もう、これぐらいしかない…。

そんな思いで常に働き続けていました。

誰よりも現場に早く入って、全ての楽屋の掃除をして、舞台上を掃除して「芝居の神様!もしいるなら、少しでも上手くなりたいから力を貸して下さい」と願いながらゴミの一つ一つを拾いながら祈りながら掃除していました。

それが当たり前だと思って舞台を重ねていましたが、そんな時に志水さんが舞台監督の現場に入りました。

そこで志水さんに言われたのは、

「藤田君、君の気持ちは嬉しいし、素晴らしいと思う。でもね、役者の格を下げるんじゃない。舞台の掃除は我々スタッフがやる。俳優は俳優の仕事、スタッフはスタッフの仕事がある。俳優なんだから、自分の格を大切にしなさい。」

そう言われました。


衝撃でした…

こんな下手くそな若手を、「俳優」として扱い、更には「その仕事はこっちでやるから自分の仕事に専念しなさい」と言って掃除を代わってくれて…。

あの時に私は俳優という仕事の在り方を一から見直しました。


俳優として生きるならば、俳優の領域のみで勝負しなきゃダメなんだ、と。
私はどこかで、せめて裏回りだけでも働く事で、自分の価値を少しでも高めようと思っていたのです…。


それから意識を変えました。

自分がどんなに下手くそだと分かっていても、絶対に演技のみで戦おうと。

そして、その裏で働いて下さるスタッフさんへの尊敬の念と感謝の念だけは絶対に忘れてはいけない、と。

それから私は大きく変わりました。

そして、「蒼空」に出会いました。


志水さん、本当にありがとうございました。
志水さんのお言葉を心に刻み、これからも精進を重ねます。
安らかに、安らかにお休み下さい…。

でも…

共演したかったです…
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
パンフレット
1538110729050.jpg
今回のパンフレットは販売用ですが、かなり立派なパンフレットになってます。

私はこんな感じに写ってます。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
最後に
1537804473290.jpg
稽古もいよいよ明日で終わりです!
昨晩突然演出家から依頼を受けまして、今日の通し稽古からやる事になったのですが…。

最後に切腹の所作をやる事になりました。

死と向き合う侍を研究してきた中で、避けては通れない切腹の儀式。
舞台で切腹の儀式をきちんと見ることが出来たのは過去にたった1度しかありません。

独自で勉強していて、いつかは自分も舞台で…と考えていました。

今回、最後に全ての責任を背負って切腹をした萱野権兵衛を演じる中で、正しくここに全てが集約されると思います。

心を込めて表現させて頂きますm(__)m


『白虎隊~獅子たちの什の掟~』

劇場:渋谷伝承ホール
日程:9月27日(木)〜30日(日)
全8回公演

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
時は幕末。
大政奉還がなり、江戸幕府は瓦解した…。

その後…
江戸幕府に忠義を尽くし支えていた会津藩は、錦旗を掲げた薩長によって賊軍とされたのである。

そして、会津藩最後の戦いを迎えるにあたり藩内で編成されたのが、10代の若者たちの白虎隊であった。

その幼い白虎隊士たちが、戦に敗北した時、飯盛山で自刃した話はあまりにも有名である…。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現在と過去。
その時空が歪んだとしたら…きっとそれには意味があるに違いない…。


今作品、白虎隊士を演じるは高校生から20歳前後、20名の演者たち。
総勢60人近い出演者で送る幕末大作。
渋谷の300人劇場、伝承ホールが会津にタイムスリップします。


&#10035;私が演じますのは、会津戦争の責任を一人で背負い切腹した、会津藩家老・萱野権兵衛。
30年程前に年末時代劇で「白虎隊」が放映された時に西田敏行さんが演じていた役です。


【公演スケジュール】
&#10035;開場は開演の45分前

&#128309;9/27(木)
昼の部 &#128308;公開ゲネプロ公演
オープニングアクト/14:40
開演/15:00

夜の部
オープニングアクト/18:40
開演/19:00


&#128309;9/28(金)
昼の部
オープニングアクト/14:40
開演/15:00

夜の部
オープニングアクト/18:40
開演/19:00


&#128309;9/29(土)
昼の部
開演/15:00

夜の部
開演/19:00


&#128309;9/30(日)
昼の部
開演/12:00

夜の部
オープニングアクト/15:40
開演/16:00


&#10035;オープニングアクトとは、10代の劇団Brownieの女子が魅せる殺陣と舞です(別途入場料は要りません)。



【チケット代金】
全席自由(前売り)6000円
当日券 6500円
公開ゲネプロ公演 5000円

【スタッフ】
脚本:小円
演出:鼓太郎
殺陣:松浦健城
剣舞:重住 綾
制作:Brownie
主催:Yプロジェクト
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
白虎隊舞台
1537312263918.jpg
稽古も佳境に入ってきました。
稽古期間も残り1週間!

私はそこまで出番が多くない事もありますが、白虎隊や娘子軍、婦女子軍演じる若者たちの稽古がほとんどな為、稽古場にいる時間があまりありません(>_<)(>_<)

なので、実はあと1週間といってもそこまで実感が伴わないのが正直なところです。

萱野権兵衛という役を頂きましたが、この方は、私の好きな人物ですね〜。
まさに責任感の塊。


萱野さんが現代に現れたら、今の政治家の事をどう思うんだろう。
定番化し過ぎて子供でさえ呆れているテンプレート
【責任逃れからの記憶の欠落】

脳に傷でも負ったのか?というレベルの言葉選び。
人として、その仕事に就いている者としての誇りはないのか?というレベルの虚言。

責任は秘書や部下、下の者たちに取らせるという、パワハラも児戯に見える時代錯誤な封建制。


萱野さん、今の日本はどうですか?
聞いてみたいな…。
| 藤田信宏 | - | comments(2) | trackbacks(0) | - |
また…
北海道で大地震が…。
また天災が起きました…。
こんな連続で大規模な天災が続くなんて…。

これ以上被害が拡大しない事を心から心から祈るばかりです…。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
本番当日の朝は
8回目になる気仙沼での老人ホームへの慰問。

当日の朝は10:00〜確認稽古。
本当は台風が来ていたはずなのに、吹き飛ばしてしまいました(笑)
快晴、気温33℃の真夏日。

クーラーが無い旅館に宿泊していて、その大部屋での稽古なので暑い暑い(-_-;)
少ししか動かないのに汗だくに(>_<)(>_<)
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>