「Next Circle」藤田信宏ブログ

役者 藤田信宏のブログ。公演の記事や予定。そして日常を書き込みます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
藤田信宏プロフィール
1976年1月22日生まれ  宮城県気仙沼市弁天町出身  南気仙沼小学校〜気仙沼中学校〜気仙沼高等学校〜大東文化大学文学部英米文学科卒業 幼いころからジャッキー・チェンに憧れ、太極拳を7歳から始める。20歳で倉田アクションクラブの門をたたき、ジャッキーと何度も共演している倉田保昭氏のもとで芸能活動を開始。4年後芸能プロを移籍し、その事務所に所属中、美輪明宏氏の舞台のオーディションに合格し、共演。俳優の厳しさ素晴らしさなど、大きな影響を受ける。 2004年、ラストサムライのオーディションにバトルコアとして合格。3ヶ月間ニュージーランドにて撮影に参加。トム・クルーズや渡辺謙らと毎日現場をともにする。 2006年、現航空自衛隊勤務の久保泰氏に、念願だった特攻隊の脚本「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」を書いてもらい舞台化。反響を呼ぶ。連日大入り大盛況、再演を望む声は今も絶えない。 現在は竜小太郎公演や早乙女太一公演などにコンスタントに出演し、客演として小劇場系の舞台にも出演。「抗うものたち」「魔界の都」「ストラルドブラグ〜魔神邂逅〜」はDVDが一般発売されていて、まもなく今年2月に主演で行った「ワンダーランド」もDVD化される。
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
心臓がきゅっと
新作を創るにあたっていつも襲ってくる恐怖感が日に日に大きくなってきます。

打ち合わせが続き、いよいよ来週から稽古が開始するこの時期。

あらゆる不安が一気に自分を包み込みます。

はね除けなければ!
振りほどかねば!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
かつら打ち合わせ
本日は「黒の仁風」かつら打ち合わせです。

時代に合わせたかつらをベースに考察し、そこに役のイメージを擦り合わせて変化を加えながらのかつら打ち合わせ。

髪型でまた、かなりの印象が変わるんです。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
エン太極拳学舎合宿
1510562193963.jpg
金曜日から2泊3日で行われましたエン太極拳学舎毎年恒例の合宿。
なんともう10回目(驚)

そんなに続いているんだという驚きと、皆の実力の上がりっぷりに感動を受ける納得の合宿となりました。

昨晩はそのまま劇場下見に。
舞台美術を中心に、張り出し舞台や、幕の事など、色々な検証を行うことが出来ました。

本日は太極拳教室の後は殺陣師との打ち合わせ。

今回は今まで自分で行ってきた殺陣や振り付けもスタッフを入れてあるので、自分の頭の中にあるものを伝える作業を行わなければなりません。

結局、仕事が減ってるのか増えてるのか、どっちなんでしょう(笑)
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
明日からは太極拳の合宿
無事にレコーディングを終え、明日からはエン太極拳学舎の合宿です。

カリキュラムを作成して皆さんにお渡し出来たのが今週の月曜。

いつも2週間前にはお渡ししているのですが、遅くなってしまいました(T_T)

合宿のスケジュールの全体像は例年と変わることはあまり無いのですが、個人レッスンの時間ではなく全体レッスンの時間で何をやるべきかを考えるのに時間がかかります。

個人の時間は個人のやりたい事で良いのですが、全体レッスンはこちら側の発信になりますから、一つ間違えると、指導者側の自己満足になってしまいます。

何が皆にとって必要なのか、何が皆にとっての最大公約数なのか、それを見極めるのに数ヵ月かかってしまいます。

私は、太極拳も芝居も、仕事においては基本的に「決断から行動。そして決定が早い」とよく言われるのですが、実は物凄い遅いんです。

回りにとって、「見える」領域になってからは、私はとても早いと思います。

それは私が目に見える行動に移ってからしか他の方には認識出来ない訳ですから、早い様に思うのも当然なんだと思います。

でも実は目に見える行動に移すまでに、何ヶ月も何年も考え抜いてきているので、いざ「やる」と決めた時にはほとんど行動の動線が私には見えています。

なので早く見えるだけなんです。

そして行動に移すまでが長い長い(-_-;)

だから、私は仕事は全く早くない訳で(-_-;)

ただ実戦を迎える前に研究、実験、イメージトレーニングを続けてきただけ。

という(-_-;)

たった一つの台詞を考えつく為、太極拳の演武套路を考えつく為、何日もかかる事もあります。
それまで沢山のイメージトレーニングをしてきたにも関わらず…。

あぁ、凡人だなぁ。

つくづくそう思います。

が、しかし、凡人には凡人の楽しさがある訳です。

努力をして、結果に繋がる幸福感を感じる事が出来るという事です。

天才はパッと思い付いて何かを産み出す事が出来るかもしれませんが、だからこそそこには思い入れや、感情移入がないのかなぁ、と思います。

私は、長い間、頭と心の中で考え続けて、何年がかりとかで行動に移すので、思い入れなんて、尋常じゃない訳です(笑)

でもだからこそ、何かを共有出来たり、分かってもらえると、幸せな気持ちになります。

簡単に思い付く天才じゃなくて、凡人で良かった〜とつくづく思います。

努力をする事、続ける事、頑張る事。

ダサいという言葉で目を向けようとしない人は沢山います。
泥臭いと感じる人もいると思います。

お洒落にささっとやれた方が格好良いですから。

でも、一所懸命やった方が、感動は深くなると確信しています。
人の命、いつ終わるか分からないのです。

命が尽きる直前に「俺は生きた」そう思いたい、思える人間になりたいと思います。


私が15歳の時からお世話になり、私を日本一に導いて下さった師匠が亡くなりました。
私の太極拳の師匠は2人います。
その2人目の師匠が亡くなりました。
先日10月に出演していた舞台初日の開演30分前に連絡が来ました。
今やっと、こうして口に出せる様になれました…。


そして昨日、ある連絡がありました。
私が夏に主演した「風林火山の旗の下に」の演出家が亡くなったと。


二人とも癌でした。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
レコーディングは過酷です。
現在、9時間に及ぼうとしています。

先週の仮レコーディングも1曲で6時間かかりました。

本日は仮で練習していたとはいえ、2曲。

まだ続きます。
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
脳が膨張してるかな
1510070590750.jpg
「黒の仁風」の台本を完成させ、香盤表作成。
そして出演者のNGを鑑みながらの稽古スケジュール作成、この大仕事が終わりました!

毎回、この稽古スケジュール作成には2週間はかかります。
稽古期間1ヶ月分の全てのタイムスケジュール。

時は金なり。
私は、参加してくださる方々の貴重なお時間を1分たりとも無駄する失礼の無いよう、稽古開始の1か月前には、1日1日、1時間毎のタイムスケジュールを作成します。
こんな細かい稽古スケジュールは、インディゴ以外では見たことがありません(笑)

膨大な情報を数字として客観視し、シーン毎の稽古時間を決め、人が揃っているところで組み立てていく、まるでパズルの様な作業です。

大変ではありますが、出演者の顔や稽古の姿が目に浮かんで楽しい作業です(^^)
でも、制作としては一番難しい仕事の一つ。
旗揚げからずっと続けてきていますが、参加される方々から「インディゴは他とは違う」と言われる一つでもあります。

制作の仕事が落ち着いたので、先週は、水曜、木曜と、客演陣、劇団員の所作稽古を行いました。

昼から夕方が女性の所作。
夕方から夜までは男性の所作。

インディゴ初参加の方々が、「これまで時代劇をやった事はありましたが、これほど所作が大切で意味があり深いものだと思いませんでした。インディゴは他と違うと思っていましたがこういう事なんですね。参加できてほんとに良かったです!」と気合い充分。

空気の一体感が凄かったです。
既に何年も一緒に芝居を作ってきたんじゃないか、と錯覚するくらいでした。


そして「黒の仁風」、INDIGO PLANTSを続けてきて初めて、主題歌を作ります!

歌うのは、劇団の看板である、出雲阿国役の三原珠紀さん!

そして、私は初めての作詞に挑戦です!

先週、坂出さん作曲のメロディーが出来、火曜日早速スタジオに集合。

我々はそこで初めて曲を聴き、
私が書いた詩と合わせて、三原さんの歌い方やイメージを膨らませる作業を行いました。
仮で録音もしましたが、明日がいよいよ本番の録音です!

そして木曜日に、坂出さんから、「CDのカップリング曲として、もう一曲作った方が良いかと思うので、違った雰囲気のメロディーを作ってみました。歌詞をお願いします。」と連絡があり…。

「有り難いお申し出、心から感謝です!!」

と思いながら、「もう一曲歌詞を考え付くだろうか!」という不安が(笑)

頭の中から言霊をひねくり出して日曜には歌詞を完成させました!

三原さんの歌を楽しみにしてもらうついでに、歌詞にもちょっと注目してもらえると嬉しいです(>_<)

そして月曜日から、音響、照明のプランニングと、舞台美術の転換段取り。

これが演出としての中心の仕事です。

演出は出演者の演技の方向性を決め、指導を行うものと思われがちですが、それは演出のたった1つの部分でしかありません。

80ページある台本の全て、一言一句まで把握し、

照明ならば、明かりが消えるタイミング、カットアウトなのかフェードアウトなのか、場面の色味はどうか、ピン(前から)で狙うのか、サス明かり(上から)なのか、エスエス(横から)なのか、などなど。

音響ならば、音楽の入るのはどの台詞の後なのか、カットインなのか、フェードインなのか。
入れたらどこで消すのか、カットアウトなのかフェードアウトなのか。
どの様な雰囲気を狙うのか。
何の楽器を使うのか。
メジャーコードなのか、マイナーコードなのか。
効果音では何の音を使うのか。
蝉の音なのか、ウグイスなのか、トンビなのか。
雷なのか、しとしと雨なのか、風なのか。
襖なのか障子なのか。
合戦の音は刀の音中心なのか、槍などを用いた木の音も聞こえてくるものなのか、鉄砲は使うのかどうか。
あらゆる音も全て考えます。

そして舞台美術は、転換をしてシーンを変えていきます。
どの様に美術を変えるのか、転換に入れるキャストは誰なのか、色々な変化のあるセットでも、明かりの位置は固定なので、共通する様に計算しなければいけません。

あらゆるスタッフワークの動きは全て私の頭の中から産み出されるので、その求めるものや、キッカケを全て考え、方向性を打ち出します。

この時期は、衣装と小道具、床山(かつら)も打ち合わせを控えています。
全て私が考えるので、上記と同時にクリエイトして、段取りを組み立てて提示します。


今の時期が一番、脳が破裂しそうになるんですよね(笑)


今は、ラストシーンをどう創るか、想像に創造を重ねています。
爆発しそう〜(笑)

そんなこんなで色んな事をやる訳ですが、演出家として一番大切な仕事は、上記の様に「見える」表面の仕事ではないと私は思っています。

「見える」仕事はもちろん、人目に触れる訳ですから、重要な事です。

でも私は

1 面白いと信じる強さを持つこと
2 キャスト・スタッフ全員の能力を最大限に引き出す事

だと思っています。

1は、自分が信じなかったら誰が信じられるのか。
でも新しい事を産み出すにあたり、「大丈夫かなぁ」「分かってもらえるかなぁ」という不安はどうしてもつきまといます。
私の性格の問題もありますが(-_-;)
それをどうぶち破れるか。

これにつきます。
自分を信じてついてきてくれるキャスト・スタッフ、そして観にきて下さるお客様に対して、全身全霊で臨み、努力を重ねる事でしか自信は持ち得ません。
今はその強さに行き着く為の過程です。
毎回必ず通る道です。


そして2は、皆の心との繋がりがあってこそです。
その人間の底にある素晴らしさを、役といかに繋げられるか?
役を立ち上げていく作業のどこまで関与し、どこから見守るのか。
どう俳優のテンションを上げていくか。
どうスタッフのモチベーションを上げていくか。

初めは私からの発信から全ては始まりますが、それが逆転し、キャスト・スタッフが発信者側に回って私が受信側になれたら最高だと思うんです。

そこにいかに行き着くか。


「見える」陽の領域
「見えない」陰の領域

陰があって陽がある。
陽があって陰がある。

精神は肉体に宿り肉体を動かす。

肉体は精神を顕現化させる為の媒体であり、精神が発露した結果は肉体に表出する。

肉体は精神が出発点であり、精神は肉体が終着点である。

終わりはまた、次の始まりでもある。


太極拳を行う上での、藤田信宏論です(笑)

さあ、明日の本録音!!

楽しみです!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
殺陣師に続いて振り付け師は
「黒の仁風」は、これまでINDIGO PLANTS を支えてくれた舞台監督清水さん、サウンドデザイン坂出さん、舞台美術江連さん、照明龍野さん、全員が勢揃い。

なんと心強い事か。

スタッフがいなければ、作品は創れないのです。

そして今回は新しく殺陣師に高橋さん。

そして、パフォーマンス指導には、想遠で気仙沼の地に一緒に足を運び素晴らしいダンスを披露してくれたタップダンサーのyascoさん。

さらにさらに(笑)

舞踊の振り付けには…

北陸のすぐれた芸能、芸術家に送られる最高の名誉賞である北國芸術賞を、創作舞踊家として初となる授賞をした孝藤まりこ家元。

55年に渡る舞踊活動、創作活動を認められての初受賞。
その家元が直々にご指導下さいます。


本物。
本物の集まりです。
プロ中のプロ集団。

私はINDIGO PLANTS を旗揚げした時から、水滸伝の梁山泊の様な、英雄が集まる団体にしたいと思っていました。

少しづつ少しづつキャストもスタッフも才能の塊の様な方々が集まってきてくれました。

そしてここにきて、また更に傑物が梁山泊に集いました。

「黒の仁風」是非ともご観劇下さい!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
舞台美術打ち合わせ
本日は「黒の仁風」舞台美術打ち合わせでした!

これまでとは大きく異なる舞台セット。
関ヶ原の戦いを描きますが、INDIGO PLANTS にとっても関ヶ原という意識でいました。

舞台セットも…

転換の量が…

関ヶ原です!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
日暮里舎人ライナー
1509234463090.jpg
現在、日暮里舎人ライナーに乗車中です!
完全自動運転なので、一番前が座席になってます!
初めて見る景色が!
これは面白いので、興味がある方には是非乗ってもらいたいです(^^)
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
「黒の仁風」
1509232532657.jpg
演激集団INDIGO PLANTS
第8回公演
【黒の仁風】


裏切りの合戦…関ヶ原。

ハンセン病を患っていた大谷吉継。
かぶき踊りを生み出した出雲阿国。
二人の意志が交錯した時、歴史は語り始める。

史実には刻まれない想い、そして愛がそこにはあった…

2016年看板作品「蒼空〜空どこまでも蒼く〜」全国ツアーを経て満を持して打ち出す新作は天下分け目の大戦。
圧倒的な感動を生んだ戦国時代劇「凜」から3年。

INDIGO PLANTS流戦国絵巻第二巻!
どうぞ御賞味あれ!!


●脚本●
久保 泰

●脚色・演出●
藤田 信宏

●出演●
藤田 信宏

三原 珠紀

佐藤 顕紀
越田 樹麗

宮崎 重信
金馬 貴之
三咲 順子
本倉 さつき
保利 雅子
田中 りょう
島田 貴大
飯山 嘉幸
細野 大地
及川 崇治
高橋 玲
吉田 哲也
島田 佳織
図子 侑大

犬山ヴィーノ
岡 智
堂免 一るこ

橋本 和幸
工藤 貴史
西尾 三枝子


●公演日時●
1月10日(水)13:30/18:30
1月11日(木)18:30
1月12日(金)13:30/18:30
1月13日(土)13:30/18:30
1月14日(日)13:30


●会場●
中野ザ・ポケット


●チケット料金(全席指定) ●
前売:5,000円
当日:5,500円
学割:4,500円


乞う御期待!!!
| 藤田信宏 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - |
<new | top | old>